商品の検索はこちら

会員登録で特典盛りだくさん! 従来のDUEL MAGAZINEと同じアカウントがご利用可能です 新規登録 ログイン

#81 決勝の舞台で引き寄せた“オキナメジナ” ~アルティメットバトル2018 優勝について・中編~

― 9/30配信の前編はこちら

担当者(以下、担): 決勝戦で3種類のグレを全て釣ったという話ですが、具体的にはどういう出来事だったんでしょうか?
平和(以下、平): 一箇所目で口太釣って、その次の場所でオキナメジナを釣ったんです。
そして、3箇所目で尾長を釣りました。

担: オキナメジナって初めて聞いたのですが、珍しい種類なんでしょうか?
平: グレ釣り大会の規定の魚としては一応入っているんです。
細かく分けたらグレの種類はもっとあるのかも知れないですが、基本的には3種類って言われていて、お馴染みの「口太グレ」と「尾長グレ」、そしてもう一種類が「オキナメジナ」なんです。
担: 「ウシグレ」とも呼ばれるみたいですね。
平: そうそう、地方によっては「ウシグレ」とも呼んだりしますね。関東では「スカエース」と言われたりもします。グレはグレなんですが、何ていうかちょっとブサカワな顔していますね。
担: へぇ~、そうなんですね。
口太と尾長は知っていましたが、3種類目がいるとは全く知りませんでした。
平: しかも、そのオキナメジナの重量が一番重たかったんですよ。
「魚運あるわ」って自分でも思ったぐらいです。
担: 野球で言えば、サイクルヒットを打つみたいな感じでしょうか(笑)
平: そうです、そうです!「いぇ~い、一番難しいオキナメジナ来たー!!」みたいな感じでした。

オキナメジナのヒットは25:15頃~に収録されています

担: 紙面で見させていただいたところ、珍しい魚なので他の選手の方々も写真撮られていましたよね。
平: 自分も20年以上釣りの活動をしていますけど、釣ったのは3匹目ぐらいじゃないですかね!?
担: えっ!!そんなに貴重な魚なんですか!?
平: 「おわっ、久しぶり!!」って、自分も思いましたもん。
担: やりとりしている際の引きは、口太と尾長のどちらに近い感じなのでしょうか?
平: どうでしょうね。実は自分も掛けたときはグレじゃないと思ったんですよ。「何だか変なの来たな~」って感じで。そのときは足元のサラシの下の深いところをウキごと沈めて釣っていたので、すぐに魚は見えなくて、引きはなんかグレと違う気がするって思っていたんです。
それで上がってきたらちょっと黄色っぽく見えるんですよ。表現が難しいですけど、茶色に黄色が混ざったような感じですかね。それで、改めて「やっぱりグレじゃないかぁ」って思ってタモ入れしてみたら、「これって、もしかして!!」ってその時に気が付いたんです。
決勝戦を磯の上から見ていた他の選手の方たちも「うわー!オキナメジナや!!」ってなって。
担: やはり、それだけ珍しい魚だって事ですよね。
しかも、それを大会の決勝戦で釣ってしまうっていうのが、またまた凄いですよね。
平: そう。だから魚運があるって事なんですよ(笑)
あと、魚運だけじゃなくて一生懸命やった結果ということじゃないでしょうか。

戦いは前日の夜からはじまっていた……!?

担: 大会を通じて、ちょっとした舞台裏というか裏話的な出来事ってありますか?
平: いや~、そうですねぇ。あの大会はメーカーの枠を超えた人が集まっていて、なにせお酒をたくさん飲まれる方が多いんですよ(汗)
担: そういえば、紙面に宴会というかお食事されているときの様子も載っていましたね。
平: どこかの部屋に集まって、宴会が始まるんです。そりゃ、皆よく飲みますよ。
担: 釣りという共通の話題をもった人が集まるとどうしてもそうなりますよね。
平: ココだけの話、初日は朝に現地集合なので大丈夫なのですが、2日目に残った選手の中には二日酔いで頭が冴えずにしっかりした釣りができなかった人も正直居ると思いますよ。
担: 本当ですか(笑)体調が万全でなかったせいで負けた方もいらっしゃったと。
平: 特別なイベントという雰囲気もあるかと思います。世代の近い磯釣り師たちが集まって、試合ではあるんですが会食しながら盛り上がるというのも一つの楽しみであって。
担: それもまた楽しみですからね。
平: 自分も結構お酒好きなので。
とりあえずは、アルコールを分解する能力が高くて良かったなと思いました。
担: もしかすると、そこから勝負が始まっているのかもしれませんね。

平: たしか2年に一回の開催だったと思うので、もし次の大会も自分が参加したとしたら、たくさん注ぎに来られる方は要注意ですね(笑)
担: 真っ先に狙われる可能性がありますね!
平: 気をつけます(笑)
まぁ、なかなか無い豪華なメンバーの中で結果を出すことが出来たことは非常に嬉しい事かなと思っています。 担: 本当にその通りですね。
平: 年に一回ジャパンカップには必ず出場していますが、五島と串本では全く釣りも変わるんですよね。まだ自分の釣りが試合で通用するんだって思えたことは良かったです。
担: まだこれからも試合で結果が出せるとたくさんの方が思っていると思います。
平: 今回も本当に良い勉強をさせてもらいました。
担: また次回も優勝目指して、頑張って頂きたいなと思っています。
平: 試合で必要なアイテムが思い浮かべば、それまでに持って行きたいですね。
担: 当社も形に出来るように頑張ります!次回のトーナメントも頑張って下さい!

<次回配信の後編へつづく>

この続きを読むにはログインが必要です

DUEL WEB MAGAZINEをお楽しみ頂くには、無料の会員登録が必要です
所要時間は3分ほどで、メールアドレスがあればどなたでもご登録頂けます
魅力的なスタッフコラムや、釣果の投稿などのコンテンツが盛り沢山です
この機会にぜひご登録ください!

新規登録はこちら すでに会員の方はこちら