商品の検索はこちら

会員登録で特典盛りだくさん! 従来のDUEL MAGAZINEと同じアカウントがご利用可能です 新規登録 ログイン

#80 ウキを変えることで、自分の考え方やするべき事を明確になる ~アルティメットバトル2018 優勝について・前編~

担当者(以下、担): ご無沙汰しております。少し間があいてしまいましたが、デュエルウェブマガジンのインタビューのほう宜しくお願い致します。
平和(以下、平): 宜しくお願い致します。

担: 平和さんは動画撮影など精力的に活動されていると思いますが、現在はシーズン的にガイド業に専念されている時期になるのでしょうか?
平: そうですね。自分のプロ活動の兼ね合いもあってガイド業は10月一杯までにしていますが、今はアオリイカをメインにガイドさせてもらっています。
担: お、アオリイカですか。今シーズンの釣果のほうはいかがでしょうか?
平: すごく良く釣れていますよ!! 今期だけでもうかなりの数を釣ったんじゃないでしょうか?もちろん、お客様がつった数もあわせてですが。
担: エギはもちろん……。
平: そりゃ、DUEL・YO-ZURIのエギに決まっているじゃないですか!! 本当に良く釣れますよ、DUELのエギは。ウキも作っている薗田くんは本当に良い仕事しますね!
(注:薗田はウキだけでなくエギの開発も担当しています。)
担: そうですか!それを聞いて安心しました(笑)色は何色がよく釣れるとかあるんですか?
平: 基本的に自分はナチュラル系の色のほうが好きでよく使っています。特にブラウンとかですね。ピンクやオレンジの派手なカラーも釣れるのですが、サイトフィッシングでイカとエギを両方見て釣る時などに使っています。
担: たしか平和さんはオリーブ系(緑)のカラーも好きでしたよね?
平: そうそう、好きですね。以前あった「オリーブボーン!」とか大好きでしたね。名前の響きも好きでした(笑)
担: 懐かしいですね。エギも多種多様なアイテムを取り揃えているので、いろいろ試して頂いて、お客様に喜んでいただけたら嬉しいですね。
平: そうですね。何の釣りでも本当に楽しいですからね!自然に感謝です。

アルティメットバトル2018 優勝について

担: さて、雑誌をごらんになった方はすでにご存知かと思いますが、「磯釣りスペシャル」さんの「アルティメットバトル2018」での優勝!おめでとうございます!!
平: あー、有難うございます!!自分でも優勝できると思っていなかったんですが。
担: 磯釣り界を代表する総勢14名のバトルを制し、見事に優勝されたってことはすごい事です。
平: 串本という場所の特性上、繊細な釣りになるなとは思っていたのですが、うまく自分が合わせることができたのと、なんと言っても魚運を持っていたのという事が大きいですかね。

大会の模様は「アルティメットバトル2018」公式にて配信中

担: ピース・ザ・ムービーでは豪快に楽しく釣りをしているイメージですが、繊細な釣りにも上手く対応できたと。
平: ハリスは2号から1.75号、最も細くて1.5号まで落としました。他の選手からすれば1.5号でも太仕掛けだといわれましたが(笑)最初は元気な魚を探していたのですが、磯際にいる魚を狙うほうが魚と出会える確率が高いと思いTGピースマスター感度を使った釣りを展開しました。
担: ここぞと言う勝負どころでは、やはりTGピースマスター感度は活躍しますね!!
平: そうですね。使われている方はご存知だと思いますが、やはりギリギリで単体使いができて魚の繊細なアタリを教えてくれる。その優れた能力に助けられていますね。
TGピースマスターあたりもそうなんですが、魚がさわっていると分からないことにはアワセるという行為ができないし、どのタイミング行えばよいか分からないんですよね。
担: たしかに、その通りですよね。
平: TGピースマスター感度はしっかりと魚がさわっている事を伝えてくれて、あの時期の厳しい和歌山で本当に心強かったですね。実は最初から使う可能性が高いと思っていたので、ポケットに入れてすぐに使えるように試合に臨んでいました。このウキを使うことで自分自身に「喰わせに入るぞ」と言い聞かせられるんです。ウキを変えることで自分の考え方やするべき事を明確にする事が出来る。
担: 自分自身への意思表示、考えを切り替えるタイミングになるという事ですね。
平: 最初からTGピースマスター感度で釣りをするっていうよりは、まずは広く攻撃的に使えるTGピースマスター遠投などをチョイスして、「お、こればヤバイそ!」という時に感度を使うという展開が自分の中では基本的な流れかと思います。

担: ウキもいろいろなタイプを準備して、引き出しを多く持っておいた方がいろいろなシチュエーションに対応できるという事ですよね。
平: そうですね。これは、試合だけではないと思います。プライベートで釣りをしていて「なんだか、アタリがでないなぁ」っていう時に感度のようなウキがあれば、厳しい状況の中でも1匹、2匹と出会える確率も上がるのかなと。自分で言うのもアレですが、作ってよかったなぁと思いました!(笑)
担: ははっ、素直な気持ちが出ましたね。当社としても製品を使っていただいて、大会で勝っていただくという事は本当に有難いことだし、喜ばしいことだと思っています。
平: いえいえ、結局のところは魚運が炸裂したって事です(笑)終わってみればの話ですが、決勝戦のところは3箇所まわって、規定対象となる3種類のグレがそれぞれ1匹ずつ釣れたんですよ!これはやっぱり、運ですよね。

<次回配信へつづく>

この続きを読むにはログインが必要です

DUEL WEB MAGAZINEをお楽しみ頂くには、無料の会員登録が必要です
所要時間は3分ほどで、メールアドレスがあればどなたでもご登録頂けます
魅力的なスタッフコラムや、釣果の投稿などのコンテンツが盛り沢山です
この機会にぜひご登録ください!

新規登録はこちら すでに会員の方はこちら