商品の検索はこちら

会員登録で特典盛りだくさん! 従来のDUEL MAGAZINEと同じアカウントがご利用可能です 新規登録 ログイン
★☆★ Armored フォトコンテストキャンペーン開催中! 豪華賞品も多数ご用意しております ★☆★

#96 『ARMORED® F スーパーライト ボートゲーム』笛木流活用術

今回はじめに紹介するのは、まずは上州屋スタッフさんたちとのタイラバ&インチクを使用しての根魚&マダイ狙いの実釣会。
最近、上越エリアなどでもタイラバでのゲームがかなり盛んになっているが、根がかりしづらく根魚をタイトに狙え、またこれからのシーズン青物の回遊が多くなる日本海側エリアでは特に『ソルティー・ベイト™』を使用したアピールの強いアクションは活性の高いマダイの他、青物にも有効。

また、『ソルティー・ベイト™』に装着されているタコベイトを『ソルティー・ラバー®スライド』用の換え針に変更することで、より『ソルティー・ベイト™』のアクションのスイングする幅が広くなりアピール力が増すなどの効果を実釣で体感していただいた。

当日は、予報が外れ、本命のマダイ狙いのポイントに後半ほんの少ししか行けず、メインがキジハタ、ソイなどの根魚狙いになったが、同行していただいたスタッフ全員が良型の根魚を連発し、とても楽しい実釣会となった。その後は、笹川流れなど、山形県寄りのエリアから黒部周辺の富山県までのエリアを広くエギングで実釣。各地で例年よりも型のよいアオリイカが釣れており、実釣したタイミングがかなり早いにもかかわらず、連続ヒットを楽しめた。

次に紹介するのは、フィッシャーズさん主催の女性限定のエギング教室にヤマリアの川上さんと共に講師として参加させていただいた。
“ハッピーフィッシング”という堤防での実釣会では雨の影響により釣果は厳しかったものの『EZ-Q® ダートマスター™』や『パタパタ®Q』など、秋の新潟エリアで早いシーズンに主力となる2.5号や3.0号などの小型のサイズの餌木をきちんと操作するデモンストレーションなどをさせていただき、参加アングラーのみなさんが基本的な操作法をマスターしていただけたのではと思う。
続く食事会では、豚汁やアオリイカの刺身など、フィッシャーズの担当スタッフさんの心づくしで楽しい実釣会となりました。

その後は『ソルティ』誌の連載取材を兼ね、佐渡島へ釣行。シーズン初旬での釣行にもかかわらず、本州側の上越エリアで釣れるサイズよりもアベレージサイズが大きく、また本州側では数多くある河川からの真水の流入が雨が降った後でも佐渡島では影響を受けづらく、外海に面しているエリアで潮が動いているポイントでは連続でヒット。関東圏などではなかなか味わえない連発を楽しめた。こちらの実釣の様子は近日発売の『ソルティ』誌面にて掲載予定ですのでお楽しみに。

その他の実釣では、イベントの合間に上越エリアで雷魚や渓流釣りを楽しんだ。
こちらの実釣の様子は近日、私の釣果情報のほうに掲載予定ですので、こちらもお楽しみに。

<今回のテーマ>
~『ARMORED® F スーパーライト ボートゲーム』笛木流活用術~

ARMORED® シリーズの特長のひとつである通常のPEラインよりも比重が高く、伸度が低く高感度、ライン断面が真円で表面積が小さいことから、通常のブレイデッドラインであるPEよりも沈みが早い特性を一番発揮できる。
これからのシーズンにオススメのジャンルはずばりシーズン最盛期をこれから迎えるティップランエギング。ラインの抵抗も少ない滑らかな表面は、餌木とロッドティップが通常のPEラインよりも直線に近くなるので、よりアオリイカのもたれるような繊細なアタリさえも取れるようになる。
また、これから秋のシーズン好期を迎えるマダイ狙いのひとつテンヤ釣法もより軽いテンヤを使用してボトムタッチや小さなアタリまで取っていく釣りにはぜひお試しいただきたいと思う。

先述したオフショアの釣りだけでなく、マーキングを利用してポイントまでの距離を正確に把握しながら狙うショアからのエギング、ロックフィッシュゲーム、ショアジギングなどにも精度の高い釣りを実践しやすく、また他のリールへの巻き替え時などにきっちり何m巻き替えたかなどがわかりやすいので、ぜひ使用していただきたいと思います。

この続きを読むにはログインが必要です

DUEL WEB MAGAZINEをお楽しみ頂くには、無料の会員登録が必要です
所要時間は3分ほどで、メールアドレスがあればどなたでもご登録頂けます
魅力的なスタッフコラムや、釣果の投稿などのコンテンツが盛り沢山です
この機会にぜひご登録ください!

新規登録はこちら すでに会員の方はこちら