商品の検索はこちら

会員登録で特典盛りだくさん! 従来のDUEL MAGAZINEと同じアカウントがご利用可能です 新規登録 ログイン

#11 ますます盛り上がるロックフィッシュゲーム! ~最重要項目! ラインについて その②〜

梅雨本番ですがロックフィッシュゲームがますますシーズン本番で盛り上がっていますね。
先週はデュエル西島氏の案内で長崎県の野母崎でショアロックゲームの動画撮影をしてきました。
キジハタやアカハタは『ソルティー・ベイト』の30gで、小型ながらコンスタントにキャッチできました。

そしてこの時期はイサキ狙いも楽しく、当日は良型イサキを鉄板アイテム『ハードコアⓇソリッドバイブ 85』でキャッチできました。

メインターゲットのオオモンハタからの反応はなく残念でしたが、非常に楽しめました。

<テーマ>
~最重要項目! ラインについて その②~

ロックフィッシュでメインに使用する『Armored® F+ Pro ロックフィッシュ』はショア全般とボートでのアプローチで使用しますが、水深が40mを超えるあたりからPEライン(編糸)をメインに使用します。
ライン角度が立ったバーティカルな展開ではやはりPEラインのメリットは大きいですね。

水深のあるエリアを狙う展開では、適度な浮力・強度・低伸度・伸びの少なさ・巻きぐせの無さなどの特徴があり、耐摩耗性に優れた『Super X-wire™』や、強くてしなやかな『HARDCORE® X8』を選んでいます。

沖縄でのロックフィッシュではスジアラやバラハタなどを狙います。
しかしそんな中、水深40~70m前後のディープの根回りでフォール中の小型のジグヘッドにセットしたソフトルアーに16㎏のイソマグロがバイトしてきた事がありました。
1時間ほどのファイトとなりましたが、『Super X-wire』0.6号を使用していたため、ラインブレイクすることなく無事にキャッチでき、とても良い経験値となりました。

来月からはスジアラ狙いで甑島や薩摩硫黄島にショアロックで行く予定です。『Armored F+ Pro』シリーズは1.5号までラインナップされていますが、スジアラ狙いとなるとやはりPE3号以上は必要になりそうです。そこで今回は、ブルーとダークグリーンの単色展開、4本組で耐摩耗性に関してはNo1である『BIG PE』シリーズをメインに使用してみたいと思います。

そしてリーダーは何といっても『BIG フロロカーボン』で決まり!
とにかく結束強度が強く低伸度で摩耗に強いので、最近ではリーダーすべて『BIG フロロカーボン』に決めています。

この夏は『BIG PE』と『BIG フロロカーボン』のBIGコンビでビッグなスジアラをキャッチしてみたいと思っていますのでご期待ください!!

この続きを読むにはログインが必要です

DUEL WEB MAGAZINEをお楽しみ頂くには、無料の会員登録が必要です
所要時間は3分ほどで、メールアドレスがあればどなたでもご登録頂けます
魅力的なスタッフコラムや、釣果の投稿などのコンテンツが盛り沢山です
この機会にぜひご登録ください!

新規登録はこちら すでに会員の方はこちら