商品の検索はこちら

会員登録で特典盛りだくさん! 従来のDUEL MAGAZINEと同じアカウントがご利用可能です 新規登録 ログイン
★☆★ Armored フォトコンテストキャンペーン 結果発表! ★☆★

#27 春のアオリ・ラストスパート。まだゲットできていない方へのアドバイス! & イカメタル数釣りの秘訣

みなさん、こんにちは〜!!!
今回も『本日もイカ曜日也!』をごらんいただき、ありがとうございます。

いきなりですが、今年の日本海は全体的に調子が良いにも関わらず、釣れている人と釣れていない人にムラがある様に感じます。そこで、まだ日本海で春のアオリイカをゲットできていない方へ、ワンポイントアドバイスをさせていただきます。

今年の日本海側の状況として、外海に面したポイントにウネリがあるせいか、ホンダワラが切れて藻場が無くなっている様に感じます。その反対に、湾の奥のほうでは十分な藻場が確保されています。
攻め方としては、今年も王道的な攻めが有効のようで、シャローの藻場攻めが良いでしょう。
足元が藻場の群生地帯で、取り込みの事を考えると「絶対キャストできない」と思う様なポイントや、水深が1mも無い《超どシャロー》な藻場の、「エギを通すコースが一カ所しか無いよ!」っていう様なポイントが、ヒットに繋がっています。

回遊待ちは、一か八かの賭けみたいなものなので、今年こそ徹底的に藻場を《三投づつのランガン》で探ってみて下さい。今年は敦賀方面で3kgのモンスターが出ていると聞きました。まだまだ日本海側は皆さんチャンスがありますので、ぜひ頑張ってみて下さいね。

もちろん藻場攻めの時は、エギをボトムまで沈めて……なんてことは絶対にしないで、《着水して3カウント→軽いシャクリを3回→2秒待機→また軽いシャクリを3回…》と繰り返すようにしてください。
イカが居れば、必ず釣れるはずです。自信を持っておすすめしますので、必ずデュエルの『EZ-Q® CAST』か『EZ-Q® ダートマスター™』を準備しておいてくださいね~(^-^)/

さて、そろそろ今回のお題にいきたいと思います。今年の春のアオリイカシーズンももうすぐ落ち着く季節ですが、今回のテーマは、その代わりにやってくるもの……。そうです‼ 《イカメタル》です。

<今回のテーマ>
~イカメタルシーズン到来! 同船者の中で数を伸ばすコツは?~

イカメタルとは、夕方に港を出向して、暗い沖で集魚灯を焚きイカを誘い集め、鉛で出来たルアーを小刻みに動かしケンサキイカを狙う釣りのことです。《大人の夜遊び》としても、毎年お馴染みになってきましたよね~。竿先に出る繊細なアタリを、釣り人自身が掛けにいかないと釣れない、非常にゲーム性に富んだ楽しい釣りで、毎年釣り人口も増えているようです。

ほとんどの場合、一船に乗合い一緒に釣りを行うので、ついつい釣れている方のカラーやタナを伺ったりしつつ、竿頭を目指したくなってしまいます(笑)。

数を伸ばす秘訣1:ドロッパーを付ける

数を伸ばしたい場合、最初にしてほしいことは《ドロッパー》を付けることです。
※ドロッパー:メタルスッテの上に付けるウキスッテのこと。

強いゲーム性を求めるのであればメタルのみで釣りを行うのも個人的には好きですが、数を伸ばすのであればドロッパーは絶対に必要になります。
それは、ドロッパーが海の中で絶えずフワフワとサスペンドしてくれるため、イカにとっても狙いやすくなるためなんです。メタルスッテだけでは、鉛で出来ているため落ちるスピードも、止まるスピードも早く、見切りをつけられやすいことがあるんですね。(なので、絶えず小刻みに動かしたり、誘いを入れてからの3秒待機でアタリを取ったりしますよね。)

でも、ドロッパーはメタルスッテと同じように動きますが、止めている間にも横向きにフワフワと漂うので、イカからも狙いやすくなるんです。なので、まずはドロッパーを付けることをオススメします。

数を伸ばす秘訣2:船長さんの指示ダナを意識する

その次に大切なのが、船長さんが指示してくれる《指示ダナ》です。
船長さんが魚探を見ながら、マイクなどで教えてくれるタナのことですね。
そのタナの上や下を、すぐに探れるように構えておくことが大事です。
なので、カウンター付きのベイトリールを使って釣行することをオススメします。

もし、スピニングリールしかない場合は、ラインに10mごとにマーキングが入っている『Super X-wire™4』や『Super X-wire™8』、それに『ARMORED® F 船 200m』を使用したりして、釣行するのもオススメです。

数を伸ばす秘訣3:時間が経ったら、軽めのメタルスッテに切り替える

次に大事なのは、集魚灯を焚いて時間が経つと、イカも徐々に浅いタナでアタってくるということ。
そんな時は、軽めのメタルスッテに変えると良いでしょう。
シルエットを小さくして、ゆっくりと沈むタイプに変えると、嘘のようにアタリが増えるはずです。

同じように、同じカラーばかり使っているのも見切られてしまうのでやめた方が良いでしょう。
夜光タイプや、ブルー夜光、ケイムラなど、どんどん交換していくと数釣りを楽しめます。

デュエルのメタルスッテにも、『EZ-ベイトメタル™』、『EZ-シュリンプメタル™』、『EZ-SLOW メタル™』、『EZ-SLIMメタル™』、『EZ-FLAT メタル™』とあり、ドロッパーにも『EZ-ベイト™』、『EZ-SLIM™』、『EZ-SLIM™ 布巻 パラソル』、『ウルトラベイト™』と沢山のラインナップがありますので、是非色々と試してみてくださいね。
迷った時は、過去の実績や、船長・ショップさんのオススメでまとめるのも良いと思います。

でも、パラソル級を狙うなら……

ちなみに私は、いつもパラソル級のケンサキイカを狙っています。

大型のケンサキイカは、ほとんど浮いてくる事はなく、たえず海底付近に居ることが多いです。
どうしても数は望めなくなってしまいますが、大型狙いの方はボトム付近を狙い続けるのも良いと思います。結構な確率でパラソル級が楽しめると思いますよ~(^-^)/

という訳で、数釣りの秘訣は以上になります。
参考にして頂いた皆さんには、もれなく《竿頭》をプレゼント!!!
になるかどうかは、皆さん次第ですが……(笑)

安全第一で、ぜひ楽しい釣行を!
次回の『イカ曜日』をお楽しみにね~(╹◡╹)♡

この続きを読むにはログインが必要です

DUEL WEB MAGAZINEをお楽しみ頂くには、無料の会員登録が必要です
所要時間は3分ほどで、メールアドレスがあればどなたでもご登録頂けます
魅力的なスタッフコラムや、釣果の投稿などのコンテンツが盛り沢山です
この機会にぜひご登録ください!

新規登録はこちら すでに会員の方はこちら