商品の検索はこちら

会員登録で特典盛りだくさん! 従来のDUEL MAGAZINEと同じアカウントがご利用可能です 新規登録 ログイン

#78 春の自己最大魚捕獲法

デュエルWEBマガジンをご覧のみなさんこんにちは~
デュエルプロスタッフ・琵琶湖プロガイドの黒須和義です。

今回のテーマは「春の自己最大魚捕獲法」ということで。
なかなかの難題を出してきましたね鬼編集のN氏。
私はビッグフィッシュハンターじゃないけどね……(-_-;)

確かに、春のゲームでは自己記録を更新するチャンスが多くなりますからね!
それではいってみましょう! 春の自己最大魚捕獲法。

自己記録を狙うとしたら「普通」は捨てたほうが良いかも

まず、なぜ春にビッグサイズのチャンスが高まるのか?
バスにとって春には「スポーニング」という一大イベントが待っています。
普段はディープに棲んでいる個体もスポーニングするためにシャローエリアにやってきます。ですから、普段ではアプローチできないバス達にも出会う確率が上がり、必然的にビッグバスの可能性も上がるのです。

そうは言っても、ただ春に普通に釣りをするだけでは可能性は高まりません。
自己記録を狙うとしたら「普通」は捨てたほうが良いかもしれませんね!

私の経験上、普通のルアー、普通のスピード、普通のアクション、普通の場所、普通のタイミングでスーパービッグサイズに恵まれたことはほとんどありません。
普通では「普通のサイズ」が反応してしまうと思いませんか?

ですから、ビッグサイズを狙うには、でかいルアー(強いルアー)を使う、すごくゆっくりなスピード、もしくはすごく速いスピードでアクションさせる、魚が沢山いない場所を狙う、激荒れや冷え込み、激ニゴリ、ピーカンベタ凪などの厳しい条件で狙ったほうがビッグサイズへの近道と言えます。
沢山釣ればいつかビッグサイズに辿り着くという考えは捨ててください。
沢山釣る=多くのバスが反応するとなるので、ビッグサイズが遠くなります。
要は「釣れない釣り」をするということになります。

最も大切なのは、「諦めない強い心!」。
とにかく、バイトも少なく、釣れない釣りをやり続けることが最も重要なのです。

琵琶湖においては、60cmUPが目安になりますかね!?
今のところ今年の春は、ロングビル系ミノ-や、スイミングジグの可能性が高いと感じます。これから濁ってくれば、最速ディープクランクやビッグベイトなんかも可能性が高くなると思います。

人気エリアをあえて外すのも手です。ビッグバスはプレッシャーを嫌う傾向が強く、人やボートの入らないエリアの方がルアーに対して素直な反応をしてくれます。

一般のフィールドやオカッパリでは40cm後半~50cmUPが目安となると思います。
普段よりも大きめなルアー(強いルアー)、普通の人がやらない場所、春なので驚くようなシャローや、より複雑なカバー、水が悪いエリア(濁っているエリア)を狙ってみましょう!
大胆かつ繊細なアプローチを心掛けて下さいね!

もう少しで春本番です。
ぜひ今年の春に自己記録更新を狙ったゲームを楽しんで下さいね!

滋賀で行くならこんな店
~「近江日野牛 岡崎」さん編~

今回の滋賀で行くならこんな店は、「近江日野牛 岡崎」さんです。
当然、近江牛を使った肉料理のお店でステーキがバカ美味です。

隣接されている「岡崎精肉店」さんでお土産用のお肉もお持ち帰りできます。

近江日野牛 岡崎

住所: 〒529-1602 滋賀県蒲生郡日野町河原2-11
電話(精肉店): 0748-52-1129
電話(レストラン): 0748-52-3232

それではまた次回……。

この続きを読むにはログインが必要です

DUEL WEB MAGAZINEをお楽しみ頂くには、無料の会員登録が必要です
所要時間は3分ほどで、メールアドレスがあればどなたでもご登録頂けます
魅力的なスタッフコラムや、釣果の投稿などのコンテンツが盛り沢山です
この機会にぜひご登録ください!

新規登録はこちら すでに会員の方はこちら