商品の検索はこちら

会員登録で特典盛りだくさん! 従来のDUEL MAGAZINEと同じアカウントがご利用可能です 新規登録 ログイン

#86 今年の琵琶湖はひと味違う感じ ~雨とバス釣りの関係~

みなさんこんにちは、デュエルプロスタッフの国保誠です。
梅雨入りしたものの快晴な夏日も続くようになり、琵琶湖の夏も間近だな~と感じるようになってきました。

琵琶湖の夏の風物詩ともいえる「水面まで伸びたウィードの中から、ビッグバスを引きずり出すパワーゲーム」があります。

しかし、今年は例年に比べウィードが少なく、ウィードが生えているエリアが少ないのとウィードの高さや密度が少ないのもあり、時期的にはラバージグやパンチショットリグなどが活躍するシーズンなのですが、まだまだスイムジグ、スピナーベイト、クランクベイトなどの巻き系の釣りもハマっているひと味違った琵琶湖になっています。

<テーマ>
~雨とバス釣りの関係~

雨といえば高活性でよく釣れるイメージがありますが、琵琶湖に関していうとそうでもないのが現実。
よく釣れる雨となるのは、どちらかというとシトシト降るぐらいの雨で、蒸し暑い日なんかは水面にベイトフィッシュが浮き、そのベイトフィッシュを捕食する高活性なバスが「HARDCORE® NOI-Z」などのトップウォーターに反応したりします。
その逆に土砂降りで寒く感じるような雨では水面ゲームは炸裂せず、ボトムを狙った釣りをメインに組み立てるほうがハマることが多いので、体感的に暑いか、寒いかで狙い方をシフトすると良いでしょう。

この続きを読むにはログインが必要です

DUEL WEB MAGAZINEをお楽しみ頂くには、無料の会員登録が必要です
所要時間は3分ほどで、メールアドレスがあればどなたでもご登録頂けます
魅力的なスタッフコラムや、釣果の投稿などのコンテンツが盛り沢山です
この機会にぜひご登録ください!

新規登録はこちら すでに会員の方はこちら