商品の検索はこちら

会員登録で特典盛りだくさん! 従来のDUEL MAGAZINEと同じアカウントがご利用可能です 新規登録 ログイン

#80 徐々に良くなっていった今春の琵琶湖。今夏の予報は……?

デュエルウェブマガジンをごらんのみなさんこんにちは。
デュエルプロスタッフの国保誠です。

例年に比べウィードが少なかった今年の琵琶湖。
しかし徐々に例年通りのウィードの成育状況となっていき、春の間は少ないといわれていたアユも、ゴールデンウィークあたりから魚探に映し出されることが多くなりました。

ボディウォーターラインのフラットウィードエリアでは『HARDCORE® XX CRANK4+』の超高速リトリーブにビッグサイズが反応してくれ、ハードベイトゲームを楽しむことができました。

<今回のテーマ>
~琵琶湖の夏予報~

梅雨に入ってからは不作だった昨年に比べると、順調に成長しているエビモやフサモなどの縦系ウィードが水面近くまで伸びてくれているお陰で、『ハードコア®ノイズィー™』などのトップウォーターや『ハードコア®ミノーフラット™ 110F』を水面まで浮かせて食わせるパターンなど、バイトが見られるエキサイティングな釣りを楽しめるようになってきました。

梅雨が明け、夏らしい日が続くようになるとウィードの中を釣るパターンが中心となってきます。
パンチショットリグを使って濃いカナダモの中に落とし込むパターンと、軽いテキサスリグを使いウィードのポケットに落とし込む釣りをローテーションして釣っていくと、初夏のビッグバスをキャッチすることができるでしょう。

アフターの回復でファイトが激しいシーズンなだけに、ビッグバスの強烈な突進をしなやかさでしっかりと吸収してくれる『HARDCORE® QUICK SHOT FC』の16、20ポンドを巻いて、アーリーサマーゲームを楽しんでください!!

この続きを読むにはログインが必要です

DUEL WEB MAGAZINEをお楽しみ頂くには、無料の会員登録が必要です
所要時間は3分ほどで、メールアドレスがあればどなたでもご登録頂けます
魅力的なスタッフコラムや、釣果の投稿などのコンテンツが盛り沢山です
この機会にぜひご登録ください!

新規登録はこちら すでに会員の方はこちら