商品の検索はこちら

会員登録で特典盛りだくさん! 従来のDUEL MAGAZINEと同じアカウントがご利用可能です 新規登録 ログイン

#82 例年よりも早く、巻きゲームの楽しい季節が到来 ~巻き物攻略法~

みなさんこんにちは。
デュエルプロスタッフの国保誠です。

今年は早めに秋が到来し涼しくなるのも早く、例年と比べると巻きゲームを楽しむことができるのも早かった秋になりました。さらにここにきて台風の通過もあり水位の上昇、放水量の増加、濁りの流入とハードベイトがハマる要素が増えたことで、より一層巻きゲームを楽しめるコンディションになってきました。

<今回のテーマ>
~巻き物攻略法~

今回は、秋にぴったりなテーマな訳ですが、秋といえば巻き物の出番が増えるのですが、巻き物の出番が増える理由としては、バスが散って巻く方が効率が良い、ターンオーバーで水質が悪いからリアクション効果が高い、などの理由が挙げられます。

そんな秋シーズンの琵琶湖のフラットウィードエリアでの様々な巻き物で、最も効果的な食わせ方となるのが、ウィードにスタックした後のリアクションで、高速でウィードの中にスタックさせて、その後にウィードからズバッと出てくるルアーを追ってきたバスが思わずバイトしてしまうパターンが王道になります。

HARDCORE® XX CRANK 4+』をリトリーブしてウィードにスタックした後にロッドアクションでウィードから出した直後にバイトするケースや、『HARDCORE® XX バイブ』を高速リトリーブしていてウィードにスタックしてウィードをカットした後にバイトするケースでは、ウィードにスタックした後がバイトチャンスとなるので、ウィードのカットの仕方が非常に重要になります。
キモとなるのはウィードカット後にウィードがしっかりと外れていることと、カット後もルアーがすぐに水を掴んで泳ぎ続けることが非常にキーとなるので、そこを意識してスタック後のバイトを誘発してみてください。

まだまだ続く秋の巻物ゲームをお楽しみください。

この続きを読むにはログインが必要です

DUEL WEB MAGAZINEをお楽しみ頂くには、無料の会員登録が必要です
所要時間は3分ほどで、メールアドレスがあればどなたでもご登録頂けます
魅力的なスタッフコラムや、釣果の投稿などのコンテンツが盛り沢山です
この機会にぜひご登録ください!

新規登録はこちら すでに会員の方はこちら