商品の検索はこちら

会員登録で特典盛りだくさん! 従来のDUEL MAGAZINEと同じアカウントがご利用可能です 新規登録 ログイン

茨城県北部のマダコ

今シーズン、大漁にタコが湧き絶好調!?の常磐エリアのマダコ釣行へ。名人の先輩アングラーのお二人に誘って頂き挑戦した。先日から好調で先着順の釣り座確保するため、早めに現地着。同エリアでのマダコ狙いは、初挑戦なので同行した名人2人にアドバイスを受けつつタックルを準備。船宿で用意してくれる脂身もエサ巻きにセットし出船待ち。本日のポイントは最近釣果の良い、根がきついポイントとのこと。ポイントの到着後、当日の潮流や船の移動スピードを確認するため、まずは50号のオモリのタコやん&タコやん船スッテのフランス、チャートのカラーをセットして実釣開始。船の真下で仕掛けを踊らせても釣れるが、より釣果を望むならなるべく遠投して広範囲に探る方が確立が高い。根掛かりを恐れず、アンダーキャストでできる限り遠投し果敢に探る。一投目は洗礼を受け、早速根掛かりし、仕掛けをロスト(涙)当日は好天で船も適度に流れる好条件だったのでオモリを40号に変更しキャスト→着底→その場で軽く仕掛けを揺らすように誘う→アタリがなければ竿を大きく煽り仕掛けを次のポイントへ移動させ、同じように誘うと今度はスイベルのガチャガチャという感触がゴムが巻き付いたような感触に!タコの触りを感知できたので!?タコが仕掛けに覆い被さるまで、誘いを続け頃合いを見て大きく聞き合わせると重みが乗りゆっくり巻いてくると良形のマダコ!!船縁に張り付かないように仲乗りさんがタモを入れキャッチ成功~♪その後、同様に実釣を続けると、一時連続ヒット達成!楽しい釣行となった!当日は、まだ水温が19℃ほどもありまだ小型のタコも多かったが、水温が下がり”渡りダコ”がポイントに入ってくると3㎏オーバー、時に5㎏超えの大ダコが狙えるシーズン盛期となるそう!?是非、また釣行したい。